2009年07月01日

Construction

RIMG1410.JPG
2号機を分解します。はずした順番に並べていきます。

RIMG1411.JPG
3号機の露出計です。電極は腐食していたので削り取ってボルトとナットで再生してあります。3号機のメーターは手を入れた後が見られず、オリジナルのままと思われます。

細い針がピンとしていて気持ちがいいです。

RIMG1412.JPG
こちらは2号機の折れた針です。オリジナルは下方から立ち上がった針が途中で手動絞りノブの方へ90度曲がるはずが、欠損しています。と言うよりも、針を作り直しているようです。針と言うより帯板のようですし。

絞りノブを写真でいうと上方へ引っ張り出すと、ノブの帽子のひさし状の部分と、90度曲がってひさしと平行になった針が接触して絞りを任意の位置へ動かすことができるようになっています。

1号機2号機ともこの部分がダメでした。
RIMG1420.JPG
問題の露出計分離。ここまでで分解終了。

RIMG1422.JPG
ベンジンで清掃します。ギア、シャッター関係は完調なので触りません。

さあ組み立てです。と、いきなり失敗。RIMG1423.JPG
距離表示針折ってしまいました。3号機のものを使います。

露出計の針は絶対に折らん。


気合を入れて露出計取り付け。とここで又大変なことが。

何と老眼になっているではないですか。手元の細かいところに焦点が合わない。

今まで気がつかなかった。

周りからは「そろそろ来るぞ」と、脅かされていたのですが・・・。
そういえばバイクに乗っててアレっと思うこともあった。

そうか、ついに来たか、水晶体の弾性がなくなったのだ。

椅子にもたれてしばし呆然。

・・・さて気合入れ直して。RIMG1426.JPG
露出計取り付け完了。90度針だけ気を付ければ大丈夫。

細くまっすぐな針を見て、「50年よくがんばってきたな」と思う。

RIMG1427.JPG
ベタベタモルトをはがします。ベンジンで湿らせた後、竹へらでこすり落とします。傷が付かなくていいです。

RIMG1428.JPG
各部のモルトを新品に貼りなおし。

RIMG1429.JPG
さあ一気に組み立てるぞ。

RIMG1431.JPG
あっという間に完成。3台とも部品の状態は確認してあったので、予定通り進んだって感じです。段取り七分ってヤツでしょうか。

RIMG1432.JPG

RIMG1433.JPG

RIMG1434.JPG

RIMG1435.JPG
完成写真4連発。ゼンマイ部のチェッカリングがお気に入り。

このBellのボディーもとても愛着があります。普通目にするBell仕様の黒いネームプレートが嫌いだったので、こいつを見つけたときはうれしかったです。

DIALの顔はこうでなくっちゃ。

テストフィルムで作動確認。全て完動。すばらしいサンコイチです。

RIMG1436.JPG
最後にレンズを掃除。ハクバのレンズペン。すばらしい逸品。これなくしてレンズの清掃は不可能。


さてレストアあっけなく終了。でもいちばん心配なのはここからです。果たしてきちんと写るのでしょうか。プリントを見るまで安心できない。

次の晴れは試写の旅へ出かけます。  さあて、どこに行こう。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by イルマリ at 19:41 | Comment(0) | DIAL35 construction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

Construction 2

昨日完調と書きましたが、1つ気になることがあったのです。

シャッターを切る直前に露出計指針がぶれるのです。ノコギリカムが降りてきて、針に接触したときに動いてしまうようです。針押さえがあるはずですが。


露出検出の仕組みはこちら---
「シャッター速度優先AE [編集]
世界で初めて実用的なAEを搭載したカメラは1960年(昭和35年)に発売されたオリンパスの24×36mm(ライカ)判レンズシャッター式距離計連動カメラ「オートアイ」である。このカメラはセレン光電池を使用した受光部とシャッター速度リング、フィルム感度ダイヤルに連動した擦動可変抵抗によって露出計を駆動する。レリーズボタンを半押しすると露出計の針を針押さえと鋸刃状の段カムで挟み込んでメーターの針の位置を読み取る。さらにレリーズボタンを押し込むと絞りが絞り込まれていくが、このとき先述の段カムの位置によって制御される絞りストッパーが動き、適正露出になったところで絞込みにストップをかけ適正露出を得るという仕組みである。

この方式は全機械式連動でシャッター速度優先AEを可能にするほぼ唯一の方法であり、その後あらゆるカメラメーカーで長きに渡ってAEカメラ設計の常套手段となった。」---wikipediaより

画像を見直してみると、やっぱりスプリングが外れていました。

今朝4時に目が覚めてしまい、(老眼といい、すっかり老人か。)早速分解。

RIMG1439.JPG
やっぱり外れていました。赤丸がそうです。

RIMG1440.JPG
これが正解。

ノコギリカムとともに押し上げられていた針押さえは、シャッターを押していくとスプリングの力で押し下げられ、ノコギリカムが接触する前に針を押さえるわけです。

RIMG1441.JPG
針を抑えた状態。これで大丈夫でしょう。

ビスの締め過ぎに注意しつつ組み立て終了。

ホッと一息です。やっぱりこのデザインがいちばん好きです。ネームの配置がいい。RIMG1442.JPG

RIMG1443.JPG
ネームをアップで。

実は昨日までの画像は手持ちだったのです。微妙にぶれるなと思ってました。手ぶれ補正付いてないのです。やっぱり三脚使うと違います。横着はいけませんね。



天気はしばらくダメのようで。比較用に一緒に持ち出すカメラの選定をしましょうか。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by イルマリ at 07:25 | Comment(0) | DIAL35 construction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RICOH AUTO HALF SE

RIMG1444.JPG
お供をするカメラはRICOH AUTO HALF SEにしました。

このSEは去年の初秋にいつも行く大手リサイクルチェーンのジャンク品の中で見つけました。

近くへ行くたびにチェックしに行くのですが、その日店内に入ると、遠くからSEが私のほうをむいているのが解ったほど、目立つところに置いてありました。

凹みもなくとてもきれいです。セルフタイマーがチャージされていました。当然シャッターは下りません。

すかさずファインダーをのぞきます。なんと露出計生きてます。明暗の変化に見事に追従します。黄丸から赤丸へ鮮やかに変化するではないですか。

裏蓋を開けてみました。当たり前のようにモルトはダメ。塗装も痛んでいます。

スプロケットをまわしてシャッターをチャージしてシャッターを切ると・・・。見事にセルフタイマーが作動してシャッターが切れました。
繰り返してもきちんと動きます。

巻き取り軸を押さえてスプリングを回してみます。AUTO HALFのスプリングのトルク感が異常なしを伝えてきます。

全て正常です。感動です。一期一会です。値札は800円なり。これだからジャンク通いはやめられないのです。

運命であります。 「ずっと僕のところに居ていいんだよ。」



と、こんな具合で我が家にやってきたのです。しかし撮影の期会がないままでした。

今回のチャンスを逃してはいけない。DIAL35と競演です。

モルトを貼りました。10分もかかりません。テストフィルムで作動チェックもOK。

AUTO HALFの設計者の手記「リコーオートハーフはこうして開発した」は何度読んでも面白い。


この先一週間は天気良くないようです。もう一台はPENにしようか。三役揃い踏みだね。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by イルマリ at 18:16 | Comment(0) | RICOH AUTO HALF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

ビュッカー先生とたかさき先生

Range Finderのビュッカー先生。
素人写真機修理工房のたかさき先生。

いつも大変お世話になっております。

おかげさまで私もこうやってカメラをいじることができるようになりました。

先生のサイトから元気をいただいて、これからもカメラを修理して、使い続けていきます。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by イルマリ at 17:57 | Comment(0) | お世話になっているサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分解組立て詳細

サンコイチには成功しましたが、残りの部品をどうするか?

まず分解組立ての詳細を残す。うまくいけばもう1台組み上げられるか。

妄想がめぐります。

とにかく分解組立て詳細を残すことにします。シャッター部分がわからないままですし、お世話になっているビュッカー先生やたかさき先生のように、どなたかのお役に立てればうれしい。

RIMG1445.JPG
まずゼンマイをはずします。リワインドボタンを押してぜんまいが巻かれていないのを確認してから。

力のかかるところですから、ゼンマイを止めるネジとゆるみ止めのネジの2本です。

RIMG1446.JPG
リワインドボタンをはずします。安全装置のスプリングがかかっていますので、ピンセットで丁寧にスプリングをはずします。

貼り皮をはがします。厚みのある丈夫なものです。

RIMG1447.JPG
レンズ周りです。傷つけないようにドライバーの取り扱い注意します。

シャッター速度リングは3本のビス。その下のダイヤルリング2枚はただ置いてあるだけです。

絞りノブも3本のビス。

シャッター部分のリングは指でも外れます。滑るときはゴムシートなどで、間違ってもペンチは止しましょう。

RIMG1448.JPG
裏蓋をはずします。ネジ4本。2本のプレートはナットの役目。組み立ての時ちょっと苦労します。私は瞬間接着剤で裏蓋のヒンジに点付けしました。

RIMG1449.JPG
上2本、下1本のネジをはずすと前面パネルがはずせます。

RIMG1451.JPG
ファインダー露出計ユニットをはずします。絞りノブ左下のネジをはずします。

距離指針はネジ一本で止まっていて、何処にもリンクしていないので必ずはずしましょう。針はすぐ折れます。

RIMG1450.JPG
パトローネ部分と電池室の下のネジをはずします。

RIMG1452.JPG   cdsとリード線を丁寧にはがし、ユニットをはずします。露出計メーターの針を折らないように、細心の注意が必要です。老眼はまずい、本当にまずいぞ。

RIMG1453.JPG
ここまでが第一段階です。ここまでは特に難しいところもないですが、この先が難関シャッターユニットです。

この固体は絞り羽に歪みが見えるのです。シャッターレリーズボタンを押しても、動くはずの絞りは動きません。

取り敢えずと言うか、お約束のベンジンを注してみます。

うれしいことにあっさり動き始めました。軽快です。しばらくシャカシャカしてみます。

RIMG1454.JPG
2時間ほど放置してみるとやっぱり固まってます。汚れがムラになってます。やっぱりばらしてベンジン浴か。

なんのあきらめるものか。でも今日はおしまい。ここから先は分解組み立てがその日のうちに出来なければなりません。


深追い厳禁。あっ、エバンゲリオンやってる。


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by イルマリ at 21:22 | Comment(0) | DIAL35 construction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。