2009年08月06日

泥んこ遊びは

泥沼につかまってしまったようですが、泥んこ遊びは楽しい。


一晩置いたらシャッターが切れるようになった。メモを見返してみると、最初と最後の羽は次の羽と重なっていないので外れているように見えただけのようです。自分で組み立てたのにもう忘れている。

繰り返し動作確認してみると、
1. シャッターを切ったあと巻き上げレバーが引っかかって動かない。
2. 巻き上げたあとシャッターボタンは押せるが、シャッターは切れず巻き上げが出来てしまう。
3. 巻き上げた瞬間、シャッターが切れてしまう。
などの症状です。

鏡胴とボディーの連携が悪いと推測しました。

裏蓋を外して観察。RIMG1811.JPG
シャッターを切ったあとこの部分が引っかかって巻上げが出来無い時があります。。

少しヤスリ掛けしてみようと外そうとしたら、裏蓋内部の各部品を留めているプレートが、ボルトが緩んでいてガタガタです。きっちり締めると全てのトラブルは解消しました。

増締め。基本ですね。勉強になりました。今までの人生でもこれに類したことは数限りなくありましたが、性懲りもなく繰り返します。本当に勉強にしたいです。

鏡胴のガタも直しました。後玉の奥のカニ目リングの締め付けが甘かったのです。いやはや。


確認動作で不具合はありません。今度こそ大丈夫でしょうか。回り道はしたくないのが普通でしょう。でもこれでいいのだ。失敗を繰り返して少しずつ生きていく。泥んこ遊びも無駄ではないのだ。

RIMG1797.JPG
それにしても大きい。デザインも古い。オートハーフやペンと同世代と思えない。2年後にはDIALが発売されている。当時の時代の急成長を見ている様です。

ISO100のフィルムを買ってきました。ISO200はもう無いと言われました。

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 
タグ:Canon Canonet
posted by イルマリ at 17:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | Canon Canonet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の写真の左奥の箱が気になりますW
Posted by こひつじ at 2009年08月07日 08:18
>こひつじさま
Demiの箱です。
箱と本体のナンバーが一致していて付属品もそろっているものです。シャッター羽がずれていただけで初めてレストアしたデミのです。ebayもヤフオクも悪くないです。
Posted by イルマリ at 2009年08月07日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。