2009年07月05日

試写に行ったはいいけれど

試写に行ってきました。

お供はFUJIFILM FinePix4700zです。1年前にヤフオクでこれのライカを見つけて、当然高くて、中身は変わらないだろうとこれを落札した。

私の2台目のデジカメである。2000年の発売。240万画素。必要充分だと思う。

長く使いたいと思う。私は大丈夫。

初めての普通車1600ccは17年目。燃費は15キロ。いつもの峠のいつものポイントでリミッターが効く。

はじめての400ccは30年目。今でもレッドゾーンに届くところで190キロ。2回盗難にあったが再生した。幸運だった。

バイクは他に数台あるがすべて若い頃欲しかったものを集めてきたもので、全て20年以上前のものだ。

9年前12万円のカメラが既に1000円。

みんな次々に新しいのが欲しいのか。いったい何枚の写真を撮ったのだろう。

メーカーは次々新しいカメラを買ってもらえなければ存続できないのだろう。
自信を持って送り出したカメラだろ。いまや1年で「もう古いから新しいの買って下さい」と、わずか1年前の自分に、ああ、もう振り返ることもないわけか。

フィルムカメラのデジタル化にも期待していたのだ。
エコも利益にならずば取り組めずか。

バクテリアから宇宙までとシステムを作ったんだろ。デジタルの時代だからゴミでいいのか。フィルムが無くなったらゴミでいいのか。


話が離れていく。

オートハーフを連れ出そうと思っていたが、ハーフサイズ2台じゃ撮り終わらんぞと思い、同じ横位置で比較できるなと、4700zにしたわけである。天気も曇りであるが雨は降らないようだし。

しかしDIAL 50年選手。甘くはなかった。

シャッター押しても切れない。仕方なく開けてみると、全て巻き取られているではないか。スプロケットが止まらなかったのだ。

テストであれほど調子が良かったのに、本番でいきなりこれ。やられたー。

いやいやまだまだ。どっちが先にくたばるかだ。


河川敷の公園で昼食。その後買い物。ダイソーで老眼鏡が100円。いいのかほんとに。
今までメガネのお世話になったことがないので、すごく疲れる。外した後さらに目の具合が悪くなっているのにビックリ。使うのはまずいか。明日、眼科に行こう。DSCF0034.JPG  DSCF0083.JPG
4700まだ使えるぞ。問題はカメラの性能でなく、使い手の性能なんだ。

RIMG1469.JPG


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by イルマリ at 20:47 | Comment(0) | FUJIFILM FinePix4700z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。